人気ブログランキング |

画像-5

画像-5_c0046407_12235376.jpg


写真-1
画像-5_c0046407_1225541.jpg

# by nichi_getu | 2005-07-31 12:24 | 採取した草花

画像-5、写真-1

 6月は新しく立ち上げたホームページ「華厳経の風景」のほうに傾注してましたので、ここでの報告は休みました。7月の報告は画像-5で、菊かコスモスの花によく似た模様です。
 いずれもキク科の植物で、菊はその形から太陽にたとえられ、コスモスは宇宙という意味があり、「華厳経の風景」で取り上げる可能性もありますが、ここでは別の話題として話を進めます。
 菊は平安時代に中国から渡来したといわれ、中国では四君子(梅、竹、蘭、菊)の一つとして、代表的な花のようです。
 日本では、とくに後鳥羽天皇(1180-1239)が、菊花紋を日常品にまで付けるほど愛着をもっていたとのことで、明治二年に菊花は皇室の紋章として制定され、一般の人の使用は禁止されています。
 ここで注目するのは、菊花を紋様としてデザインしたときの花びら(花弁)に相当する部分の数です。
 皇室の正式な菊紋は、花びらの数は16枚です。表示した画像からわかるように電脳が生み出した花びらも16枚です。
 ところで7月のはじめにトルコに旅をしたのですが、イスタンブールで1616年に完成されたというブルーモスクの本堂(51m*53m)の中央に位置する大ドームの天井(高さ43m、直径23.5m)の模様は、驚嘆に価いします。これを下から撮影した写真(写真-1)を表示していますが、これからわかるように、花びらに相当する部分は16枚です。
 私は、これらは全くの偶然ではないと思っています。トルコ-中国-日本は、古くからシルクロードを介してつながっているのです。菊紋よりさらに古いのが蓮華紋で、古代エジプトの円形花紋であるロータス(Lotus)は睡蓮の花を図案化したといわれています。蓮華紋は単弁で普通8枚なのですが、複弁になるとその倍の16枚になります。例えば日本では7世紀後半から奈良時代を通じて、複弁八葉蓮華紋が軒丸瓦(のきまるがわら)の主流になっています。これは菊紋によく似ています。
 自然の花を図案化した現存する多くの花紋は、自然の中で長期間育まれた人間の感性によって、自然の造形物を手本として直観的にデザインされたもので、かつ長い歴史の間に多くの人の共感を得て選別された作品です。
 一方私の作業、少し詳細には、複素力学系の理論に属するさまざまな集合を電脳によって画像として生み出すことですが、この作品の中に上記のように人間が創作した作品にきわめて近いものが存在することは、大変喜ばしい発見であり、私の作業が無意味なものでないことを実証するものだと思っています。
# by nichi_getu | 2005-07-31 12:21 | 採取した草花

画像-4

画像-4_c0046407_15115526.gif

 この画像は画像-1と同じタイプです。これを花というかどうかは、異論があるかもしれませんが、花ということで画像の模様の特徴を説明します。
 この画像は、電脳が生み出した全体の像の内の花の部分を切り取った図です。この画面全体すなわち花の部分の模様について観察しますと、花は一つではなく、中央に大きな花があり、その回りに小さい花があり、この小さい花の回りにさらに小さい花があるというパターンで構成されています。
 回りに存在する小さい花の群れに注目しますと、画面全体の模様をそれぞれ縮尺して、向きを少し変えたものに形がよく似ています。同様に、あらためて中央の大きな花を見ますと、見た感じでは、縮尺をして向きを少しずつ変えながら、重ね合わせたかのような入れ子構造をしています。
 全体を構成する部分と全体とが相似であるような図形を、自己相似集合といいフラクタル構造の特徴です。ただこの画像のように、花の部分だけが相似に近いだけの構造は、多様な複雑さを持つフラクタルという意味で、マルチフラクタルと呼ばれています。
# by nichi_getu | 2005-05-20 14:36 | 採取した草花

「新しい趣味の創作」 のあゆみ (1)

  新しい趣味の創作を目標にして、電脳の世界を美しい草花を求めてさまよい歩いていますが、少しずつその手がかりをつかむことができ、やっと見通しが立ちそうです。
 その一つは、仏教思想における花園の世界の探訪です。 現在私がさまよっている領域は「華厳経」に記述されている世界、今風には複雑系の領域なのです。この領域を今後さらに詳細に探査することにより、華厳経に記述されている花園の世界のイメージをCGとして再現できるのではないかという、大胆な計画です。 このテーマについての進捗状況は、新たなホームページを開設して、そこで報告します。
 他の一つは、日本の伝統的かつ代表的な趣味である「いけ花」や「俳句」を、電脳によって生み出される花園の世界からの視点で見つめ直すことです。
 いけ花は、花形のような基本パターンを用い、俳句は5,7,5文字のキーワードを用い、いずれも簡単な基本パターンによって無限の世界を表現できることです。すなわちこれらに接したとき、心の中にある特定の美しいイメージの世界を思い起こすことができるのです。
 「電脳の世界をさまよう」ということは、草花をも含めた人間の感性に訴えるような美しいイメージを具体的な画像として発現させるために必要な何らかの基本パターンを、電脳がつくり出した画像を見ながら試行錯誤で見つけ出す作業をいいます。これは人間の感性と電脳とがかなり密接に協調することを意味します。
 いけ花や俳句では古来から「虚」すなわち「虚空」を重視しています。大自然に育まれた心の中での試行錯誤で、誰も気づかなかった新しい基本パターンを偶発的に発見するのでしょう。
 人間の感性が加わった電脳の仮想空間は、まさに「虚空」の最新版なのです。
この最新版虚空の観点からいけ花や俳句を見つめ直すことで、「電脳の世界をさまよう」ための手法に何か新しい進展があるのではと期待しています。これも大胆な計画です。
 これらの計画の成否は、私(寅年)の守り本尊である虚空蔵菩薩のご加護に依存します。
 
# by nichi_getu | 2005-04-01 15:58 | 新しい趣味の創作

画像-3

画像-3_c0046407_9211162.gif


 今回は、現実の世界のどこかで、見たことがありそうな花の特集です。
 自然科学から生み出された花も、自然のものに比べて大差はなさそうです。 電脳の世界での草花さがしの探検は、やっと軌道に乗った状態ですが、偶然の手探りにしてはけっこう発見できるのです。
 このことは、現実の花のイメージに近い形状を造形するための条件は、複雑なものでなく比較的簡単なものらしいことを意味します。 当分は、つれづれなるままに電脳の世界をさまよい歩き、試行錯誤による調査を継続しますが、このような行動がきわめて快適であり、無謀な探検ではなさそうな状況になってきたことは確かです。
# by nichi_getu | 2005-03-23 16:33 | 採取した草花

画像-2

画像-2_c0046407_18281594.jpg
 

 現実の世界の草花の造形やその配色の妙は、自然の驚異をつくづく感じさせるものである。
同様に、自然科学の基礎となる数学によって生み出される、図のような模様の造形やその配色も「なぜ」という驚きがあります。
 この現実と仮想の世界で生み出される両方を比較することによって、将来この「なぞ」の解明に少し近づけるかもしれない。
 老子や日本の古典にでてくる芸術家は「虚」をきわめて重視しました。 いけ花の古い伝書に「虚に遊んで実に帰る」という言葉もあります。ここでの「虚」は「虚空」のことで、無限の可能性を生み出す潜在能力をもつ空間、場を意味します。人間の場合は、脳や心に相当します。
 コンピュータのメモリー空間、すなわち数で満たされる空間(マトリックス)もこれに属します。
# by nichi_getu | 2005-03-03 17:31 | 採取した草花

画像-1

画像-1_c0046407_1056156.gif


 この図はコンピュータによる計算のみで生み出されたものですが、試行錯誤によって偶然に近い状態で発見されたものです。いろいろな自然科学の計算式とその広大な計算領域についての計算結果の中に、上図のような美しい模様が生み出されているかどうかを調査するのは、容易なことではなく、まさに探検なのです。探検には位置を確認するためのコンパスとか双眼鏡が必要なように、マトリックスの世界の探検にも特殊なツールを必要とします。
 上図のような模様は、誰にでも発見できるものではなく、特殊なフィルターすなわち色メガネをかけないと見つけることはできません。いかに独自の特殊な色メガネを創作するかがこの探検の成否を決めるのです。
# by nichi_getu | 2005-02-06 10:22 | 採取した草花

新しい趣味とは

-マトリックスの世界でお花畑を作ること-

 地球上にある数多くの種類の美しい草花は、大自然の摂理によって長い時間をかけて生み出されたものです。地球上のいろいろな場所には、その自然条件によって珍しい植物が数多く存在しています。
 かって、多くの先駆者が探検航海によって、これらの植物を発見したのです。17世紀、大航海時代以降、世界の各地から続々と未知の植物がヨーロッパにもたらされました。17、18世紀のヨーロッパは、宮廷を中心とした貴族文化の時代であり、国王、貴族や大商人は、珍しい植物を集めるために、プラントハンターを世界の各地に派遣しました。そして採取した植物を後世に残すために、植物園や温室庭園を数多く建設しました。
 以上は現実の世界での珍しい草花の発見とその栽培についてでしたが、自然科学を扱う基本システムであるコンピュータでのシミュレーションによっても、美しい草花のようなものを培養できる可能性がないとはいえません。
 もしかしたら、現在まで数多くなされたコンピュータによる自然科学の計算過程の中に、すでに美しい草花のようなものが生み出されているかもしれないのです。そしてこれを誰もまだ発見していないだけのことだとしたら、ここにすばらしく興味を誘うテーマ、趣味が生まれます。
 これは、現実の世界ではなくコンピュータの世界での探検です。コンピュータの世界は今風には、サイバースペース(電脳空間)とかマトリックスの世界などと呼ばれ、すなわちマトリックスの世界での現代版プラントハンターになることです。  
 実はこのような探検をした人が、すでにいます。今から約30年前に、ベノワ・マンデルブローという数学者は、たぶん高等学校の数学の教科書にも出てくるであろう簡単な複素数の関数による漸化式の計算結果をコンピュータの画面に色分けして表示させると、めずらしい模様が現れることを見いだしました。そして計算領域を広範囲にかつ詳細に調査した結果、きわめて美しい宝石の装飾品ようなものを数多く発見し、これらはフラクタルという名前で多くの文献に公表されて、世界中から注目され喝采をあびたのです。
 私は、余生を過ごす状態にいますので、宝石にはあまり興味がなく、誰もが見過ごして通ってしまうであろう、道ばたにひっそりと咲く草花に興味をおぼえます。しょせん仮想空間での探検なので、そこで発見された宝石も草花も現実のような価値の相違はなく、こころの問題だけなのです。
 ただし探検をする以上 ,世界中で全く公表されていない美しい草花のようなものを手探りの状態で発見するつもりです。このため成果は簡単には出ませんが、このブログでは進捗に応じて少しずつ成果を記録していきたいと思っています。
# by nichi_getu | 2005-01-30 17:11 | 新しい趣味の創作