人気ブログランキング |

カテゴリ:新しい趣味の創作( 4 )

画像-11

画像-11_c0046407_22554270.gif

 花のイメージ以外の何かを見付けだそうと、そのための色メガネ(フィルター)を試作するのに、いろいろと試行錯誤をくり返し苦労しています。ここで最近やっと見付けたのが画像-11です。これは最も良く知られているマンデルブロー集合(「華厳経の風景」のエピソード12「彼岸/マンデルブロー集合」を参照)のある一領域の近傍で見付けたもので、「マンデルブロー高原の夏」と命名します。
 今まで電脳で花のイメージを生み出すときは、あらかじめ虹の七色を電脳に適当な順番で設定したものを用います。そしてほとんどの場合、電脳がこの順番で配色しても、特に花のイメージとしては違和感はなく、このまま採用していました。
 しかし今回のような風景では、これは無理で、配色に関しては私の作為が加えられています。すなわち、近景の樹木は緑色の濃淡と黄色の七色、中・遠景の樹木と山、そして空を含めて七色の計十四色で、それらしい雰囲気に合わせて配色しています。
by nichi_getu | 2007-08-05 22:58 | 新しい趣味の創作

「新しい趣味の創作」のあゆみ(2)


 今年のほぼ一年間は、「華厳経の風景」のほうに興味が集中してしまい、「新しい趣味の創作」のほうはおろそかになってしまいました。この結果「華厳経の風景」はどうにか八分通り見通しがつきました。
 そこで今後は「新しい趣味の創作」のほうを少しでも進展させるための新たな計画を立て、進めていきたいと思います。
 そもそも最初の計画では、そう簡単には花を見つけることはできないと思っていましたのが、意外にも容易に電脳から次から次へと花が生まれてしまい、少し調子を狂わした感があります。即ち最初に計画していた、「いけ花」や「俳句」の観点からの考察がほとんどできませんでした。見つけた花を単に数多く羅列しても、あまり意味がありません。
 そこで初心にかえって、着実に歩みながら進めていこうと思います。まずは電脳から生まれた花をもう少し有効に生かす方法を考えます。そのためには、茎・枝や葉を添えて、完全な花にしたいものです。こうすると花はより引き立ちますし、花材として花器に生けることも可能です。これは「自然の美」を電脳空間から生み出すための初期の作業でもあるのです。
 ここで茎・枝や葉もフラクタルとして電脳から生み出さないとおもしろくありません。そこで今後はしばらくの間、花を生み出すのはやめて、茎・枝や葉を電脳で生み出すことを考えます。これには二つの手法があり、今までの花と同様、枝振(えだぶ)りや葉振(はぶ)りのよい枝や葉を電脳の数学的領域から手探りで見つける方法と、フラクタルの技術として種々の植物の分岐パターンなどの既に検討されている手法を利用することです。
 まずはこれら二つの手法を平行して進めていく予定です。
by nichi_getu | 2006-12-04 12:05 | 新しい趣味の創作

「新しい趣味の創作」 のあゆみ (1)

  新しい趣味の創作を目標にして、電脳の世界を美しい草花を求めてさまよい歩いていますが、少しずつその手がかりをつかむことができ、やっと見通しが立ちそうです。
 その一つは、仏教思想における花園の世界の探訪です。 現在私がさまよっている領域は「華厳経」に記述されている世界、今風には複雑系の領域なのです。この領域を今後さらに詳細に探査することにより、華厳経に記述されている花園の世界のイメージをCGとして再現できるのではないかという、大胆な計画です。 このテーマについての進捗状況は、新たなホームページを開設して、そこで報告します。
 他の一つは、日本の伝統的かつ代表的な趣味である「いけ花」や「俳句」を、電脳によって生み出される花園の世界からの視点で見つめ直すことです。
 いけ花は、花形のような基本パターンを用い、俳句は5,7,5文字のキーワードを用い、いずれも簡単な基本パターンによって無限の世界を表現できることです。すなわちこれらに接したとき、心の中にある特定の美しいイメージの世界を思い起こすことができるのです。
 「電脳の世界をさまよう」ということは、草花をも含めた人間の感性に訴えるような美しいイメージを具体的な画像として発現させるために必要な何らかの基本パターンを、電脳がつくり出した画像を見ながら試行錯誤で見つけ出す作業をいいます。これは人間の感性と電脳とがかなり密接に協調することを意味します。
 いけ花や俳句では古来から「虚」すなわち「虚空」を重視しています。大自然に育まれた心の中での試行錯誤で、誰も気づかなかった新しい基本パターンを偶発的に発見するのでしょう。
 人間の感性が加わった電脳の仮想空間は、まさに「虚空」の最新版なのです。
この最新版虚空の観点からいけ花や俳句を見つめ直すことで、「電脳の世界をさまよう」ための手法に何か新しい進展があるのではと期待しています。これも大胆な計画です。
 これらの計画の成否は、私(寅年)の守り本尊である虚空蔵菩薩のご加護に依存します。
 
by nichi_getu | 2005-04-01 15:58 | 新しい趣味の創作

新しい趣味とは

-マトリックスの世界でお花畑を作ること-

 地球上にある数多くの種類の美しい草花は、大自然の摂理によって長い時間をかけて生み出されたものです。地球上のいろいろな場所には、その自然条件によって珍しい植物が数多く存在しています。
 かって、多くの先駆者が探検航海によって、これらの植物を発見したのです。17世紀、大航海時代以降、世界の各地から続々と未知の植物がヨーロッパにもたらされました。17、18世紀のヨーロッパは、宮廷を中心とした貴族文化の時代であり、国王、貴族や大商人は、珍しい植物を集めるために、プラントハンターを世界の各地に派遣しました。そして採取した植物を後世に残すために、植物園や温室庭園を数多く建設しました。
 以上は現実の世界での珍しい草花の発見とその栽培についてでしたが、自然科学を扱う基本システムであるコンピュータでのシミュレーションによっても、美しい草花のようなものを培養できる可能性がないとはいえません。
 もしかしたら、現在まで数多くなされたコンピュータによる自然科学の計算過程の中に、すでに美しい草花のようなものが生み出されているかもしれないのです。そしてこれを誰もまだ発見していないだけのことだとしたら、ここにすばらしく興味を誘うテーマ、趣味が生まれます。
 これは、現実の世界ではなくコンピュータの世界での探検です。コンピュータの世界は今風には、サイバースペース(電脳空間)とかマトリックスの世界などと呼ばれ、すなわちマトリックスの世界での現代版プラントハンターになることです。  
 実はこのような探検をした人が、すでにいます。今から約30年前に、ベノワ・マンデルブローという数学者は、たぶん高等学校の数学の教科書にも出てくるであろう簡単な複素数の関数による漸化式の計算結果をコンピュータの画面に色分けして表示させると、めずらしい模様が現れることを見いだしました。そして計算領域を広範囲にかつ詳細に調査した結果、きわめて美しい宝石の装飾品ようなものを数多く発見し、これらはフラクタルという名前で多くの文献に公表されて、世界中から注目され喝采をあびたのです。
 私は、余生を過ごす状態にいますので、宝石にはあまり興味がなく、誰もが見過ごして通ってしまうであろう、道ばたにひっそりと咲く草花に興味をおぼえます。しょせん仮想空間での探検なので、そこで発見された宝石も草花も現実のような価値の相違はなく、こころの問題だけなのです。
 ただし探検をする以上 ,世界中で全く公表されていない美しい草花のようなものを手探りの状態で発見するつもりです。このため成果は簡単には出ませんが、このブログでは進捗に応じて少しずつ成果を記録していきたいと思っています。
by nichi_getu | 2005-01-30 17:11 | 新しい趣味の創作